ProgateのRailsをやってみて(コースⅥ〜コースⅪ)

投稿者:
LINEで送る
Pocket

オンラインのプログラミングの教育サイトで有名なProgateさんを使ってみました。

その時に思ったことを書き留めておこうと思います。
※あくまで個人的な意見です。
※有料サービスなので、サービスないのキャプチャなどは貼りません。ご理解ください。

初心者向けの勉強サービスとしては、よく出来ていると思います。
月千円で、色々な言語を勉強できますし、実際にコーディングしながらやれるのはやっぱり良いですねぇ。

さて、今回はRailsコースⅥ〜Ⅺをやってみた感想を書いておきますね。

RailsコースⅠ〜Ⅴは、こちら

コースⅥ

  • ユーザ詳細画面のリンクを”/users/#{user.id}/”としたらエラーに…”/users/#{user.id}”じゃないとダメ…
  • タグ追加時に、typeもnameも設定してたのに、その次で設定するからって消された…
    順番にですよね…😓

コースⅦ

  • migrationのファイル名は自由に付けれるとあるが、同じ名前をつけてはいけないというのを補足してると良いかも。
    ※ファイル名でもあり、その中のクラス名にもなるので。
  • ファイルアップロードか…Gem使ってると基本パターン使わないよね…
  • File.binwrite(“public/user_images/#{@user.id}.jpg”, image.read)
    @user.image_name = “#{@user.id}.jpg”

    ってやったら

    #{ }の中に、「@user.image_name」がありません

    @user.image_name = “#{@user.id}.jpg”
    File.binwrite(“public/user_images/#{@user.image_name}”, image.read)

    か…
  • image = params[:image]
    if image

    がダメで…

    if params[:image]
    image = params[:image]

    か…

ん〜また解答通りに答えないとダメなパターンが続きますねぇ

コースⅧ

  • ログイン機能もGemが…
  • パスワードをDBに平文保存はダメだぞっ!!
    ※あとでありました。
  • Viewにロジックはダメやでっ!!からbefore_actionか!なるほど!
  • @current_user.nil? はダメで @current_user == nil
  • アクセス制御…Gemを…
  • paramsで取得できるものはstringという説明は?

Gem…Gem…を…Gemを… ってずっとなるコースでした…w

コースⅨ

  • has_many,belongs_toしようよ…
  • returnいらないのに…
  • コールバック系は一番上にまとめて書く派なんだけど、一番下に追記させるのね
    ※これ、皆さんはどう書いてるんだろう気になりますね。

コースⅪ

  • やった!Gemきた!

コメントを残す